お腹の贅肉を落とす確実な方法

お腹の贅肉を落とすといっても、皮下脂肪と内臓脂肪のどちらを落とすかでダイエット方法が少し異なってきます。

また、お腹の贅肉は皮下脂肪と内臓脂肪の両方ですが、腰回りの贅肉は皮下脂肪です。よって、腰回りの贅肉を落とすなら皮下脂肪を落とすダイエットが必要になります。

具体的には、皮下脂肪を落としたいなら食事制限を、内臓脂肪を落としたいなら運動を中心としたダイエットが効果的です。

性別によっても、皮下脂肪と内臓脂肪の付きやすさが変わってきます。

男性は内臓脂肪が付きやすいので運動を、女性は皮下脂肪が付きやすいので食事制限を中心としたダイエットが効果的ですね。

お腹の贅肉を落とすのに効果的な運動は有酸素運動であり、腹筋などの筋トレは効果が低いです。

「腹筋をすればお腹の贅肉が集中的に落ちる」という誤解がありますが、腹筋をしてもお腹の贅肉は落ちません。

なぜなら、人間の体は部分痩せできないしくみになっているからです。腹筋をしても落ちる贅肉は体全体からです。

また、「筋トレをすれば贅肉が筋肉に変わる」というのも間違いです。

脂肪組織と筋肉組織は全く別のものだからです。贅肉を筋肉に変えたければ、贅肉を落とすダイエットと筋肉を付ける筋トレを同時進行で行う必要があります。

お腹の贅肉が内臓脂肪中心なら、食事制限を行いつつ、有酸素運動もダイエットに取り入れていくことになります。

食事制限だけでもお腹の贅肉は(皮下脂肪を中心に)落ちますが、有酸素運動を併用することで内臓脂肪も大きく落としていけます。

有酸素運動はウォーキングやジョギング、水泳のような消費カロリーが比較的多い種類のものが効果的です。

逆に、ストレットやヨガのような消費カロリーが少ない運動は、お腹の贅肉を落とすにはダイエット効果が低すぎます。

フラフープのような運動、エクササイズでもカロリーさえ消費できれば痩せます。

エクササイズならエアロビクスのように、できるだけ運動量(消費カロリー)が多いものを選びましょう。

また、マッサージは全く効果がないダイエット方法です。

もし、腰回りの贅肉やお腹の贅肉を落とすためにマッサージを考えているなら、マッサージでは贅肉が落ちないので注意しましょう。

当然、エステサロンの痩身エステで受けるマッサージにもダイエット効果はありません。