確実に腹筋を割る方法は腹筋をやめること

腹筋を割る方法で誰もが想像するのは、筋トレの腹筋を日々何十回と繰り返すことです。しかし、筋トレの腹筋ばかりをする限り、お腹の腹筋を割ることはできないでしょう。

女性なら腹筋女子にあこがれて、男性なら割れた腹筋を作るために、動画を見ながら腹筋運動やお腹のエクササイズに励む人も多いです。

だけど、こういった腹筋運動が無駄になっている可能性もあるのです。

本当に腹筋を割る方法を知らないまま、腹筋方法ばかり追求しているわけです。

お腹の腹直筋という筋肉が6つに割れた状態をシックスパックと言いますが、はっきり言って、腹筋をしてもシックスパックにはなれません。

実は、腹筋は筋トレしなくても、最初から誰でも割れています。

腹筋が割れて見える人はお腹周り(腹筋回り)の脂肪が少ないだけの話で、逆に腹筋が割れて見えない人はお腹に脂肪が付いているからです。

だから、確実に腹筋を割る方法はダイエットでお腹周りの脂肪を減らすことであり、腹筋運動やエクササイズばかりやっているなら永遠に腹筋が割れることはないのです。

腹筋を割りたいなら基礎代謝を上げるなり食事制限するなりして、体脂肪を減らす努力をする必要があります。

もう1つ言うと、腹筋マシンは何の役にも立ちません。

なぜなら、腹筋マシンを使用した運動は消費カロリーが少なく体脂肪がほとんど減らないし、お腹の脂肪だけが集中的に落ちるわけでもありません。

人間の体は部分痩せできないしくみになっており、腹筋してもお腹の脂肪ばかり減ることはないのです。

女性よりも男性の方が腹筋が割れやすいのは筋肉の付きやすさもありますが、男性の方が皮下脂肪が少ない(その分内臓脂肪が多い)ことも理由の1つでしょう。

よって、女性が腹筋を割るには、男性以上に体脂肪率を減らす必要があります。

バキバキに割れた腹筋というのは、体脂肪率を減らして腹直筋をむき出しにした後、さらに腹筋運動で腹直筋を太く鍛えた状態のことです。

だから手順としては、ダイエットで体脂肪率を減らして腹筋が割れた後、腹直筋を太くするためにハードな腹筋を行うことになります。