EMSのダイエット効果は嘘。消費カロリーゼロで筋トレ効果なし

EMSにダイエット効果を期待しているなら、EMSは全く痩せないので試してみるだけ無駄です。なぜなら、EMSのダイエット効果はほぼ嘘だからです。

EMSとは筋肉に電気刺激を与えるダイエット器具です。筋肉を自分の意志ではなく電気刺激によって動かし、楽に筋肉を鍛えようとするものです。

寝ているだけで痩せるダイエット器具の一種ですね。

EMSのダイエット効果は、電気刺激で筋肉を強制的に動かす時のカロリー消費で痩せること、筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げて痩せやすい体を作ることです。

よって、EMSの運動効果に頼れば、自ら運動をしなくても運動したことになるわけです。

ただし、楽に痩せようというダイエット方法には必ず落とし穴があるものです。EMSの運動効果についても、同様に問題点があります。

EMSでは体脂肪が落ちないし、筋肉もほとんど発達しないことです。

ネット上には「EMSを使って痩せた、筋肉が鍛えられた」という口コミは多いですが、全て嘘(ステルスマーケティング)でしょう。

そう言い切れる根拠は、現実的にEMSのダイエット効果が低いからです。

どれだけ高価格なEMSであっても、EMSで痩せることは不可能です。だから、価格が安い高いに関係なく、ダイエット目的ならEMSを購入することは意味がないのです。

EMSは元々、筋力が低下した人のリハビリに使用するような器具です。

リハビリ用としては多少の効果を期待できるようですが、普通に日常生活できる健康な人が使ってもほとんど意味がありません。

例えれば、10キロのダンベルを上げられる人が、1キロのダンベルを持ち上げる程度の効果です。

1キロのダンベルも持ち上げられない病人なら多少の効果は見込めますが、日常生活ができる人の場合はEMSの電気刺激程度で筋肉は鍛えられないのです。

EMSで筋肉痛になるから筋肉に効いている、という口コミもあります。

しかし、それは横紋筋融解症(外傷性または非外傷性の原因で筋細胞の融解や壊死が起こる症状)による筋肉痛の可能性があります。

横紋筋融解症は急性腎不全を起こす可能性がある怖い疾患です。EMSの電気刺激で筋肉が溶け、急性腎不全になる可能性もあるわけです。

EMSによる消費カロリーはほぼないに等しい程度なので、EMSによって脂肪が燃焼することはほぼあり得ません。

さらに、筋肉もほとんど鍛えられないので、EMSでトレーニングを繰り返しても基礎代謝は全く上がりません。

EMSで腹筋を鍛えれば、腹筋が割れた引き締まったキレイなお腹になれると勘違いしている人もいます。

しかし大前提として、普通の運動としての腹筋を行ったとしても、腹筋運動だけでお腹の腹筋を割ることはできません。

割れた腹筋というのは、お腹の脂肪がなくなり、腹筋がむき出しになった状態を言います。要は、先にダイエットしてお腹の脂肪を減らさなければ腹筋は割れないのです。

逆に言えば、腹筋を全く鍛えなくても、お腹の脂肪さえ取り除けば腹筋は割れます。

以上を前提として、EMSに筋トレ効果がほとんどないことも問題です。鍛えられたキレイなボディラインを作りたいなら、EMSではなく筋トレをする必要があるのです。