お酢のダイエット効果は根拠なし。クエン酸やアミノ酸で痩せない

お酢にはダイエット効果があると言われていますが、実際はお酢を飲んで痩せることはなく、お酢のダイエット効果は嘘なのです。

黒酢を飲む黒酢ダイエットも有名ですが、黒酢を飲んでも体重は減りません。黒酢のダイエット効果も嘘だからです。

お酢のダイエット効果の根拠はクエン酸を補えることで、黒酢ダイエットの根拠はクエン酸とアミノ酸を補えることです。

これらの成分単体で考えると、クエン酸にもアミノ酸にもダイエット効果はありません。

クエン酸を補うとクエン酸サイクル(クエン酸回路)を助けるので、エネルギー代謝が上がる(基礎代謝が上がる)と言われています。

しかし事実は正反対で、クエン酸を補うと一時的に(血中のクエン酸濃度が上がる数時間は)解糖系のエネルギー生産を抑制します。

要するに、クエン酸を補うことで一時的に基礎代謝が低下するわけです。

アミノ酸に関しては「アミノ酸ダイエット」という言葉がある通り、脂肪燃焼効果があって、アミノ酸を補うと痩せると言われています。

しかし、アミノ酸の脂肪燃焼効果も嘘です。

だから、普通のお酢にも黒酢にもダイエット効果は全くないわけです。


「お酢を毎日飲むと内臓脂肪を減らす効果がある。」

「ホット酢ドリンクダイエットは体が温まって基礎代謝が上がる。」

「醸造酢はアミノ酸が多いから痩せる。」

「運動前後にお酢を飲むとダイエット効果がある。」

「リンゴ酢を毎日飲むと痩せられる。」


などといった、お酢のダイエット効果に関する間違い情報は多いです。これらお酢のダイエット効果に関する情報には科学的根拠がありません。

ただ、お酢が健康維持に良い効果をもたらす食品であることは確かです。

例えば、お酢には血圧を下げる効果があります。血圧を下げる効果に関しては、酢酸を関与成分とした特定保健用食品が許可されています。

また、お酢には血糖値を下げる可能性が示唆されています。糖尿病を患っている方は血糖コントロールにおいて注意が必要です。

お酢は運動後の疲労回復にも効果があると言われていますが、これに関しては科学的根拠がありません。

最後に、お酢を飲むダイエットや健康法には重大な欠点があります。

それは、お酢を毎日飲むと歯が溶けることです。健康飲料としてお酢を毎日飲んでいると、甘いものを食べていないのに虫歯になったり、歯がガタガタになるのです。

歯が弱くなると食事の楽しみを奪われるし、健康維持にもマイナスです。お酢を飲むなら飲んだ直後に口をゆすぐなど、歯のケアも同時に行いましょう。