酵素ダイエットの効果を最大限に上げるコツ

酵素ダイエットの効果は基礎代謝を上げて痩せやすい体を作ることで、普通に置き換えダイエットや断食をするよりダイエットの成功率は断然高いです。

酵素を補うと基礎代謝が上がるため、体重が落ちやすくなったり、ダイエット後のリバウンドを防ぎながら痩せられるメリットがあるのです。

なぜ酵素ダイエットが基礎代謝を上げるのかと言えば、酵素が体のエネルギー代謝に深く関わる成分だからです。

具体的には、体脂肪をエネルギー(ATP)に変換する時(クエン酸回路における科学反応など)、複数回の酵素反応が体内(ミトコンドリア内)で行われています。

酵素を補えばエネルギー代謝の効率が上がるわけですね。

そして、酵素ダイエットの効果を最大限に高めるのが酵素ドリンクです。酵素ドリンクには、フルーツ酵素や野菜酵素にはないメリットがあります。

酵素ドリンクのメリットは、


1.酵素が濃くダイエット効果が大きいこと。

酵素は生野菜やフルーツで補えると思われていますが、実際には生野菜やフルーツで補える酵素の量はわずかです。

これに対して、酵素ドリンクには多量の酵素が入っています。なぜなら、野菜(またはフルーツ)を発酵処理することで、多量の酵素が生み出されるからです。

酵素が濃いとダイエット効果が高いのは言うまでもありません。


2.乳酸菌や酵母菌が含まれていること。

酵素ドリンクを発酵処理する過程で、乳酸菌や酵母菌が生み出されます。乳酸菌や酵母菌には腸内環境を整える効果があるので、便秘と健康改善に効果をもたらします。

酵素ドリンクが健康維持に役立つ理由の1つですね。


3.短鎖脂肪酸(乳酸菌が生成するダイエットに役立つ成分)が含まれていること。

さらに、酵素ドリンクには短鎖脂肪酸が含まれていることも大きなメリットです。短鎖脂肪酸にはエネルギー代謝を上げる効果(京都大学が発見)があるからです。


以上の通り、酵素ドリンクは代謝を上げるだけでなく、便秘を改善する、健康を改善する効果もあります。

それでは、酵素サプリにもダイエット効果はあるのでしょうか?

酵素サプリには生酵素、スルスルこうそ、スリムサポート酵素α+などありますが、酵素ドリンクと比較すればダイエット効果ははるかに低いです。

なぜなら、酵素サプリは酵素を凝縮しているとは言え、その小さい粒では十分な酵素を補えないからです。

十分な酵素量を補うには酵素ドリンク一択なわけですね。

さらに、酵素サプリには乳酸菌や酵母菌(便秘改善)、短鎖脂肪酸(エネルギー代謝アップ)が入っていないのも酵素ドリンクに劣る理由です。

酵素ダイエットのやり方としては、酵素断食と置き換えダイエットがあります。

酵素断食とは、酵素ドリンクを飲みながら行う断食のことです。

断食中は栄養不足に陥るため、代謝や健康状態、肌の状態が悪化します。断食中に酵素ドリンクを飲むことで、代謝の低下を防ぎながらキレイに痩せられます。

置き換えダイエットで酵素ドリンクを利用するメリットとして、カロリー制限のダイエットによる基礎代謝(エネルギー代謝)の低下を防ぐ効果が挙げられます。

ダイエットドリンクより、酵素ドリンクで置き換えした方が体重の落ち方が早いのです。また、酵素で代謝を補うので、ダイエット後にリバウンドする可能性も減らせます。