便秘解消のお茶で排便できない体に!便秘茶には手を出すな!

便秘を解消するお茶、いわゆる便秘茶を飲んでも便秘は解消しません。便秘茶は便秘体質を改善するどころか、飲めば飲むほど便秘が悪化するのです。

確かに便秘茶には即効性があり、飲めばすぐに下痢のようになってトイレにかけこめます。

でもよく考えてみてください。

便秘茶の効果は即効性がありすぎると思いませんか?

飲んですぐに下痢のようにお腹が痛くなる強い効果は、下剤とそっくりですよね。

そう、便秘解消茶というのは下剤と同じなのです。もっと正確に言うと、下剤を作る原料をそのままお茶にしたのが便秘解消茶なのです。

便秘茶は下剤と同じ原料で作るので、効果も副作用も下剤と全く同じです。

便秘茶の原料はセンナ系の成分です。センナやキャンドルブッシュ、ゴールデンキャンドルなど、品種は違っても全部センナ系の植物です。

センナ茶、キャンドルブッシュ茶など製品名はいろいろですが、とにかくセンナ系の植物原料(下剤の原料)をお茶にしたのが市販の便秘解消茶です。

センナ系の便秘解消茶の副作用は、大腸メラノーシス(ピンク色の大腸壁が真っ黒に染まる)になり、下剤の効果が徐々に効きにくくなっていくことです。

下剤を飲む期間が長いほど薬の効き目が弱くなっていきますよね。便秘茶も成分的には下剤なので、同様に長期飲用で効き目が弱くなっていきます。

そして、最後には下剤なし(便秘茶なし)では自分の力で排便できなくなります。

できればこの手の便秘茶を飲むより、オリゴ糖のような腸内環境を整える健康的な成分で排便を促すようにした方が副作用の心配がありません。

あるいは、野菜を意識して食べて食物繊維を補うようにするとか、青汁を飲んで体質改善を目指すとか、もっと健康的に便を出す努力をした方が良いのです。

即効性があるものは必ず副作用がありますから。

便秘茶の効き目に個人差があるのは、現段階でどれだけ大腸メラノーシスが進行しているのか、という要素もあると思います。

例えば、すでに下剤を常用していた人が、副作用を考えて便秘茶に移行した場合。すでに大腸メラノーシスは進行した状態なので、便秘茶の効果も効きずらいと思います。

今まで下剤や便秘解消茶の類を常用していて、すでに効き目が弱くなっている人の場合。

そのまま下剤や便秘茶を飲み続ければ、最後は「自力で排便できなくなる」という最悪の状況に陥りますが、悲観することはありません。

下剤や便秘茶を飲むのをやめれば、大腸メラノーシスの症状も徐々に回復していきます。

その代り、オリゴ糖のような腸内環境を整えて便秘を解消する健康食品に置き換えればよいのです。

また、食物繊維を努めて補うようにし、薬に頼らず排便できるように努力していきましょう。