生理後のダイエットが痩せやすい、は嘘!

生理後の7日間にダイエットすれば痩せやすい、と言われています。「女性ホルモンダイエット」または「タイミングダイエット」と呼ばれていますね。

しかし、生理後のダイエットが痩せやすい、というのは嘘です。

生理後に体重が減りやすいのは事実ですが、減りやすいのは体重であって、体脂肪ではありません。ここ(体脂肪ではない)が重要です。

「体重が減る=痩せる」と単純に考えるとダイエットに失敗します。

生理後にダイエットすれば痩せやすいと言われる理由は、女性の体のしくみ上、生理周期に沿って体重が増えたり減ったりする時期があるからです。

女性ホルモンダイエットやタイミングダイエットでは、この生理周期の体重増減のうち、体重が増える時期を「太りやすい時期」、体重が減る時期を「痩せやすい時期」とみなしています。

この体重が減る時期(いわゆる痩せやすい時期)に集中的にダイエットすれば、体重が大幅に減って大きな成果を得られるというわけですね。

例えば、女性ホルモンダイエットでは、痩せやすい時期(=生理後の7日間)にストレッチと筋トレを行えば基礎代謝が上がりやすいと説明しています。

また、痩せやすい時期の有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)は脂肪が燃焼しやすい、と説明しています。

では、なぜ生理前は体重が増えやすく、生理後は体重が減りやすいのでしょうか。

女性の生理にはエストロゲン、プロゲステロンの2つの女性ホルモンが関わっています。この2つの女性ホルモンの働きによって、生理周期が作られているのです。

生理の終わりから排卵前にかけてエストロゲンの分泌量が多くなり、排卵後から次の生理にかけてプロゲステロンの分泌量が多くなります。

プロゲステロンの分泌が多い時期(排卵後から次の生理にかけて)には、人によって月経前症候群という症状が出る場合があります。

月経前症候群の症状には頭痛や腹痛、腰痛、イライラなど体調に変化を及ぼすものがありますが、主要な症状の1つに体のむくみがあります。

要するに、生理の1週間前、あるいは2週間前から月経前症候群の症状(体のむくみ)が出て、生理開始とともに月経前症候群の症状が消えます。

だから、生理後に体重が減る傾向にあるのは、月経前症候群の症状である体のむくみが消えるからなのです。

逆に、生理の2週間前(もしくは1週間前)から体重が増えるのは、太りやすいからではなく、月経前症候群の症状として体にむくみが出ているからなのです。

生理後の7日間が痩せやすいというのは嘘であり、生理周期によって起こるべくして体重の変動が起こっただけの話です。

そしてここが重要なのですが、生理周期に沿って体重変動が起こっても、体脂肪の量は変動していないことに注意が必要です。

体重を変動させている原因は、体の水分量の変動(むくみの発生&解消)なのですね。

「生理前は何をしても太る」と信じて好きなものを食べていれば、体脂肪が着実に増えるので「生理後に気が付いたら太っていた」ということになりかねません。

「生理後のダイエットが効果的」などと信じて無茶なダイエットをすれば、筋肉が減って基礎代謝が低下するので痩せにくい体質に悩むことになりかねません。

生理後はダイエット効果をより期待できる(脂肪が燃焼しやすい)、なんて事実はないので、生理周期の体重増減にとらわれず、マイペースでダイエットをするべきなのです。

ただ、生理の2週間前(もしくは1週間前)くらいから、プロゲステロンの働きで食欲が増加する場合もあります。(月経前症候群の症状の強弱によって個人差がある。)

その場合は、こちらを参考にしてください。
食欲を抑える方法を7つ【食欲抑制方法を完全解説】

月経前症候群の症状を改善する方法としては、

・食物繊維を摂取すること。
・脂質や砂糖、塩、カフェイン、アルコールを控えること。
・運動を定期的にすること。

などが推奨されています。

生理前のむくみ、腹痛、イライラなどに悩んでいるなら参考にしてみてください。