脚やせ効果がある方法とない方法

脚やせと言えばマッサージ(リンパマッサージ)やストレッチ、エクササイズをまず思い浮かべるでしょう。

しかし、マッサージには本当に脚やせ効果があるのでしょうか。また、ストレッチやエクササイズなどの運動は脚やせ効果が高いのか、低いのか?

リンパマッサージは脚やせ方法ではよく知られた方法で、過去には西内まりやがリンパマッサージを行って脚やせ効果抜群だったと言う口コミもありました。

しかしダイエット方法としてのリンパマッサージは欠点が目立ちます。

なぜなら、リンパマッサージでむくみを改善できたとしても、足が太くなる最大の原因である足の脂肪が減らないのでマッサージは意味がないのです。

脚やせサプリなどでもそうですが、はっきり言って、むくみを改善しても脚は細くなりません。もし細くなったとしても、本当に微妙な程度しか細くなりません。

なぜなら、脚が太い原因でむくみが関わっているのはほんのわずかで、脚が太い最大の原因が脚に付いている脂肪だからです。

要は、脚の脂肪を減らさない限り脚やせできないわけです。

脚のセルライトを除去するマッサージなんかもありますが、そもそもセルライトは脂肪を減らさないと除去できません。

脚に脂肪が付くことが、脚にセルライトができる最大の原因であり、最も効果が高いセルライトの解消法はダイエットで脚の脂肪を減らすことなのです。

マッサージで脚のセルライトは除去できないので注意してください。

では、運動の脚やせ効果はいかほどでしょうか?

一言で運動と言っても、ストレッチやエクササイズの他、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動もあります。

ストレッチやエクササイズなどの方が脚やせ効果が大きいのか、それともジョギングやウォーキングのような有酸素運動の方が脚やせ効果が大きいのか?

まず、ストレッチは脚やせ効果が最も低い運動です。

脚やせするには脚の脂肪を減らす必要がありますが、脚の脂肪を減らすには運動によってカロリーを消費する必要があります。

しかし、ストレッチは消費カロリーが少ないので脚の脂肪がほとんど減らないのです。

逆に、激しく動くエクササイズ、あるいはジョギングのような消費カロリーが比較的大きい運動は脚やせ効果が大きいです。

ウォーキングは長いこと歩くなら、脚やせ効果を期待できるでしょう。

また、脚やせ方法にスクワットなどの筋トレを挙げる人もいますが、スクワットは脚に筋肉が付くだけで、しかも消費カロリーが少ないので脚の脂肪も減りません。

ところで、最も効果が高い脚やせ方法は食事制限です。

食事制限はごく普通のダイエット方法ですが、これが脚やせ効果が最も高いダイエット方法なのです。

脚が太い原因は脚に脂肪が付いているからですが、食事制限で体脂肪を減らしていけば脚の脂肪も自然と減っていきます。

また、食事制限は運動よりもダイエット効果が大きい(大幅なカロリー制限が可能な)ため、運動よりもむしろ食事制限の方が脚やせ効果が何倍も高いのです。