炭水化物抜きダイエットに痩せる効果はない

炭水化物抜きダイエットの効果はカロリー制限で痩せることであり、はっきり言えば、炭水化物抜きのダイエット効果は他の食事制限と全く同じです。

要するに、「炭水化物や糖質を抜く=摂取カロリーを減らす」から痩せるわけです。炭水化物抜きのダイエット方法に特別な効果はないのです。

「食事で炭水化物さえ抜けば肉を好きなだけ食べても痩せる」というのは嘘です。全ての炭水化物を抜いたとしても、脂っこい肉を食べれば太ります。

炭水化物ダイエットは血糖値の上昇を緩やかにするので痩せる(血糖値が上がると脂肪をため込みやすくなり、肥満になりやすい)、などと解説されることもあります。

しかし事実は正反対です。

痩せる、太るのしくみは非常にシンプルです。カロリーを摂取すれば太り、カロリーを消費すれば痩せます。血糖値の上がり下がりで脂肪の溜め込みやすさは変化しません。

さらに、血糖値が下がる(炭水化物を抜く)と食欲が増し、血糖値が上がる(炭水化物を摂取する)と食欲が低下する、という体のしくみがあります。

炭水化物を抜くと食欲が増すわけです。

体脂肪が増減する唯一のしくみは摂取カロリーと消費カロリーのバランスなので、炭水化物を抜いて食欲が増すことはダイエットに不利な要素です。

炭水化物抜きダイエットがリバウンドしやすい原因は、炭水化物抜きによって血糖値を極限まで低下させてしまうからです。

血糖値が極限まで低下すると、次の食事でドカ食いする傾向が強くなります。「お腹がすきすぎて、今ならいくらでも食べられる!」という、あの状態になるのです。

炭水化物抜きダイエットの危険性は、肝機能を低下させること、心筋梗塞などの動脈硬化の疾患を招くことです。

炭水化物を抜くと、脳のエネルギー源としてグリコーゲン(炭水化物)が体に入ってこないので、肝臓でたんぱく質を分解してエネルギーに変換する必要が出てきます。

これが肝臓に負担をかけ、肝機能を低下させるのです。

また、炭水化物抜きダイエットをした人は早死にするケースが多く、だいたいが心筋梗塞などの動脈硬化の疾患で亡くなっています。

炭水化物を抜くにしても夕食だけにする、ご飯の量を半分減らすだけにとどめておく、など、炭水化物の完全抜きは避けておいた方が無難でしょう。

炭水化物中毒という言葉がありますが、炭水化物は健康を維持するために必須の栄養素です。だから、炭水化物中毒というより、炭水化物は体にとって必要不可欠なのです。