産後の骨盤矯正はやる意味がない

産後に骨盤矯正をすれば痩せやすくなり、むくみや冷え症が改善し、肩こりや腰痛まで治ると言われています。

しかし、骨盤矯正で痩せやすくなる、むくみが改善する、冷え症が治るなどというのは全部嘘です。

産後の骨盤矯正はやる意味が全くないのです。

産後に骨盤が歪む原因は、出産で骨盤が開くからだと言われています。

確かに、出産で赤ちゃんが出てくるのだから、骨盤が開くと言われると「そうかもしれない」と思うでしょう。

骨盤が開くわけだから、骨盤が歪むというのも本当かもしれないと思うでしょう。

さらに、出産後は産後ダイエットに苦労することも多いのだから、「骨盤の歪みが痩せない原因である」と言われれば信じてしまう人も多いと思います。

産後の骨盤矯正を行う整骨院や整体院、エステなどは、こういう医学に無知な素人を騙して骨盤矯正の施術を行っているわけです。

骨盤ベルトのようなダイエット器具を販売する業者も、産後の骨盤矯正に効果がないことを知りつつ、骨盤ダイエットブームに乗って利益を上げています。

骨盤矯正に効果がないので、当然ながら、骨盤ベルトにも効果はありません。産後に骨盤ベルトを巻いても何の効果もないのです。

産後に骨盤矯正をやる意味がない理由の1つは、「出産によって骨盤が歪む」というのが嘘だからです。

骨盤は交通事故のような強烈な衝撃がない限り位置がずれません。(というより、位置がずれる前に骨盤が折れます。)

出産を含めた通常の日常生活で骨盤が歪むことはないわけですが、整体などでは「骨盤矯正法」など、いかにも骨盤が矯正できるものと錯覚させているわけです。

産後の骨盤矯正が無意味なもう1つの理由は、骨盤の位置によって体に何らかの影響が出ることはないからです。

骨盤の歪みが原因で痩せにくい体質になる、というのは完全な嘘です。

骨盤ベルトが腰痛に効くというのは、ある意味、嘘でない可能性もあります。なぜなら、腰痛対策として実際に、腰痛ベルトやコルセットが存在するからです。

腰痛ベルト(コルセット)のような機能性を持つ骨盤ベルトなら、腰痛の緩和に効果がある場合もあるということです。

まとめると、出産で骨盤が歪むというのは嘘であり、産後の骨盤の歪みを整体院やエステで矯正しようとしても無意味だということです。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルがダイエットやむくみ、冷え症に効果があるというのも嘘です。

「産後に骨盤が元に戻らなくなる」「骨盤の歪みが痩せない原因」「骨盤の歪みが不妊や婦人科系トラブルの原因」などと不安をあおる情報は、一切無視してください。

特に、骨盤の歪みが不妊の原因であるなど、不妊の悩みを抱える本人からすれば深刻な問題に対する嘘の情報は、はっきり言って大迷惑なのです。